【PS4】バイオハザード7 プレイレビュー

【PS4】クリア後レビュー

 

対応ハード:Play Station4 (Play station VR対応)、Xbox One、PCなど

ジャンル:サバイバルホラー

発売日:2017年1月26日

価格:※ BEST Price版 3,300円(税別)

発売・販売:株式会社 カプコン

CERO:D ※グロテスクver.【Z】

スポンサーリンク

バイオハザード7クリアした感想

バイオハザードといえば、新作を発売する度にグングンとグラフィック力がパワーアップしており、個人的にはもっともプレイするのが楽しみで仕方のないサバイバルホラーのひとつです♪

だけど、これまでのバイオハザードシリーズは、ムービーやキャラクターのグラフィックばかりにこだわり過ぎたせいか、若干リアリティさに欠けるところが否めませんでした。

しかし、これまでのバイオハザードシリーズのなかでも、抜群のグラフィック力を誇るバイオハザード7は、ムービーやキャラクターだけではなく、植物や建物など細部にまでこだわって作り込まれており、写実的でとても美しくビックリしました。

とくに、昆虫は驚くほどリアリティがあり、廃屋のキッチンに置いてあるお鍋のフタを開けたときや本館1Fホールから応接室へと抜ける細道を通るときは、カラダがぞわぞわっとしました。

臨場感あるホラー感をFPSで演出!

バイオハザード7は、主人公・イーサンと同じ視点でプレイを楽しむことができる「FPS (First Person Shooter)」を採用しており、より臨場感あるサバイバルを体感することができるようになっています。ただ、これまでのバイオハザードシリーズは、第三者の視点から客観的にプレイを楽しむ「TPS (Third Person Shooter )」が採用されていたため、FPSに慣れていないプレイヤーにとっては、ちょっぴり操作が難しく感じるかもしれません。

ですが、そこはCAPCOM

シンプルな操作性程よい難易度で、初めてFPSに触れるプレイヤーも安心して遊べるようになっています

バイオハザード初心者でもクリアできる?

バイオハザード7の主人公・イーサンは、クリスやジル、レオンのような実践経験の豊富なキャラクターではないし、FPSゲームなので、スタイリッシュなアクションは期待できませんが、登場するモンスターの数も少なめで、謎解きやギミックも比較的簡単なので、サバイバルホラー初体験の人にもおすすめです

FPSといえば、よく視点がクルクル動いて目が回り、ゲーム酔いを起こしてしまうというお悩みをよく見かけますが、バイオハザード7は、そこまで視点の動きが早くありません。そのため、一般的なFPSゲームと比べると、ゲーム酔いを起こしにくくなっています。ただし、視点をぐグルグルと慌ただしく動かしてしまうと、酔ってしまうので要注意!

気になるストーリーは?

バイオハザード7は、3年前に海難事故で亡くなったはずの妻・ミアから、突然『迎えにきて』というメッセージが届いたイーサン・ウィンターズは、制止する友人をふりきり、メールに書かれていたルイジアナ州ダルヴェイにあるベイカー農場へと向かい、おぞましい怪事件に巻き込まれるストーリー。

まとめ

これまでとは一風変わった斬新なバイオハザードとなっていますので、初めてバイオハザードをプレイする人だけではなく、これまで全てのバイオハザードをプレイしてきた人にもおすすめの1本です。

 

タイトルとURLをコピーしました