シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐ 攻略】第6章『半月夜の散歩』

【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐ 攻略】第6章『半月夜の散歩』正しい推理に進むための攻略手順&トロフィーコンプリートの方法をご紹介。推理小説やミステリー作品がお好みのプレイヤーさんのあいだで注目度の高い【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐攻略】最終章になります。ぜひ 最後までお付き合いいただけますと幸いです。
シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐攻略】第4章『アビー屋敷の事件』

【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐ 攻略】第4章『アビー屋敷の事件』の攻略チャート&トロフィーコンプリート方法をご紹介!コナン・ドイルの推理小説を原案とするストーリー『アビー屋敷の事件』。プレイヤーが操作するシャーロック・ホームズは 有罪と無罪 どちらを選択すべきか とても悩ましい物語。
シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ‐罪と罰‐攻略】第3章『血の浴室』

【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐ 攻略】第3章『血の浴場』攻略チャート&トロフィー取得方法。シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを操作して 古代ローマ時代に流行した”ミトラ教”の謎を解明しよう!コナン・ドイルの推理小説とは違ったミステリー&推理を堪能しませんか?
シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ‐罪と罰‐ 攻略 】第2章『線路上の謎』

PS4 / Xbox One 対応【シャーロック・ホームズ ‐‐罪と罰】第2章「線路上の謎」完全攻略チャート&トロフィーコンプリートへの道。コナン・ドイルの推理小説のひとつシャーロック・ホームズ外典作品『消えた臨時列車』を原案とするストーリーは すでに小説を読んだことのある人も十分に楽しむことができます。「線路上の謎」攻略中につまづいたときは ぜひ参考にしてください!
シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ‐罪と罰‐攻略&トロフィー】第1章『ブラック・ピーターの運命』

【シャーロック・ホームズ‐罪と罰‐攻略】第1章『ブラック・ピーターの運命』の攻略ポイント&トロフィー取得のコツをご紹介。コナン・ドイルの推理小説「ブラックピーター」の世界をシャーロックホームズとなってPS4・Xbox Oneで体験しよう。
レイヤーズ・オブ・フィアー

【Layers of Fear攻略】2週目以降のメインストーリーに登場するおまけ要素

【Layers of Fear攻略】レイヤーズ・オブ・フィアーのメインストーリーに用意されたユニークな隠し要素を3つご紹介。レイヤーズ・オブ・フィアーには2週目以降になると さまざまな隠し要素を体験することができます。今回は そのなかでもオススメの隠し要素&おまけ要素をご紹介!
レイヤーズ・オブ・フィアー

【Layers of Fear攻略】すべてのエンディング&トロフィーをコンプリートしよう!【ステップ6編】

【Layers of Fear攻略】自画像・妻エンディングに進むためのポイント。レイヤーズ・オブ・フィアーでは 家族との思い出・げっ歯類の絵画・過去の幻聴などを入手することでエンディングが変化します。【ステップ6:目撃】はLayers of Fear最後のチャプター。ここでの行動がプレイヤーの運命を決めます!
レイヤーズ・オブ・フィアー

【Layers of Fear攻略】すべてのエンディング&トロフィーをコンプリートしよう!【ステップ5編】

【Layers of Fear攻略】自画像・妻のエンディングまでの攻略。レイヤーズ・オブ・フィアーでは、家族との思い出・げっ歯類の絵画・過去の幻聴などを集めることでエンディングが決まります。「ステップ5:タッチ」では、ネズミの死体や【振り向くな】などトロフィー取得に関連するイベントも盛りだくさん!
レイヤーズ・オブ・フィアー

【Layers of Fear攻略】すべてのエンディング&トロフィーをコンプリートしよう!【ステップ4編】

【Layers of Fear攻略】自画像・妻エンディングの取得方法&トロフィーをコンプリートしよう!【ステップ4:絵筆】には家族との思い出、げっ歯類の絵画、過去の幻聴が全10個入手できます。また、2週目以降ならではの限定イベントもあります。ぜひ レイヤーズ・オブ・フィアー攻略のお役に立てれば幸いです。
レイヤーズ・オブ・フィアー

【Layers of Fear攻略】すべてのエンディング&トロフィーをコンプリートしよう!【ステップ3編】

【Layers of Fear (レイヤーズ・オブ・フィアー) 攻略】自画像・妻エンディングへの行き方&トロフィーのコンプリートまとめ!【ステップ3:下地】では、ついに画家の妻・オバケが登場。電話がなる廊下は迷いやすいので是非参考にしていただけると幸いです。
スポンサーリンク