【PS4】ホライゾン ゼロ ドーン プレイレビュー

【PS4】クリア後レビュー
Horizon Zero Dawn Edition

対応機種:Play Station4

ジャンル:オープンワールド・アクションRPG

発売日:2017年3月2日

価格: ※Play Station Hits版 1,990円(税別)

発売・販売:ソニー・インタラクティブエンタテイメント

CERO:D

 

スポンサーリンク

Horizon Zero Dawnをクリアした感想

Horizon Zero Dawnといえば、よく「グラフィックがキレイ」「アクションゲーム初心者でも簡単にクリアできる」と言われているけれど、いまどきのPS4ゲームは、どこのメーカーもグラフィックに相当力を入れているので、さほどグラフィックに関しては期待していませんでした。

だけど、いざプレイしてみたら、クチコミのとおり、ものすごくキレイでした!

とくに、鮮やかなグリーンの草木が、そよ風に吹かれて”ゆらりゆらり”と揺れている様子を見たときは、本当に感動しました。グラフィック力なら、いまのところホライゾンの右に出るものは無いんじゃないかな?

機械獣に乗ってラクラク移動♪

序盤は、主人公・アーロイの故郷がある豊かな森林地帯しか移動することができませんが、ストーリーが進むにつれて、灼熱の砂漠地帯や極寒の雪原など、行動範囲が広がります。徒歩で移動するとなると、目的地まで物凄く遠く感じますが、ストライダー・ブロードヘッド・チャージャーなどの機械獣をオーバーライドすることで、騎乗できるようになるので、サクッと移動することができます。

マップの広さは、広すぎず狭すぎない丁度良いサイズ♪

だけど、北から南まで歩いて移動するとなると、けっこう時間がかかるので、近場の移動以外はオーバーライドした機械獣に乗って移動するのがおすすめ。

とことん自然を楽しめるオープンワールド!

ホライゾンは、マップの広さと街の数が合わない、景観がほとんど変わらない、機械獣の種類が少ないなど、ちょっぴりもの足りなさを感じてしまうこともしばしば。

「アクションRPG」に分類されるゲームなので、アクションゲームが苦手な人にとっては、取っ付きにくさや難しさを感じてしまうかもしれませんが、操作に慣れるまでは難易度を「easy」にすることで、弓を上手に扱うことができなくても、槍さえあれば機械獣を比較的サクッと倒すことができるので、ストレスフリーでプレイすることができます。

Horizon Zero Dawnは、森林地帯・荒野・雪原・雪山と、さまざまな自然環境のなかで、主人公・アーロイが”母親”を探しながら、いったい自分は何者なのか、この機械モンスターは何処からやって来ているのかなど、世界の真実を突き止めるストーリー。

まとめ

未来的で独特なストーリー展開のゲームなので、初めのうちは意味が分からず、『何が楽しいの?』と不思議に思う人もたくさんいると思います。ですが、ストーリーが進むにつれ、レベルが上がり、武器や防具、覚えられるスキルもどんどん増えていくので、クリアする頃には『まだ遊んでいたいな・・・』と思ってしまう人も少なくありません。

長く遊べるゲームをお探しの人独創性の強いストーリーを求めている人SF作品が好みの人は、ぜひ1度プレイしてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました