【シャーロック・ホームズ ‐罪と罰‐攻略】第5章『キュー植物園の一件』

シャーロック・ホームズ,罪と罰,攻略,キュー植物園シャーロック・ホームズ
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

自宅

 

・神聖なる組合から帰宅後、分析用の机にて「危険な有害植物」の実験を行う。

【危険な植物を使った実験】開始!

 

【危険な有害植物の実験手順】


①   各植物を手に取り、じっくりと観察する。

② 「ピン」を使って実験する。

・ハエトリグサ:不活性
・フローレム・ダイアボレカ ( 開花 ):トゲを発射
・フローレム・ダイアボレカ ( 丸閉 ):無反応

③ 「アルカロイドの溶液」を使って実験する。

・ハエトリグサ:不活性
・フローレム・ダイアボレカ ( 開花 ):不活性
・フローレム・ダイアボレカ ( 丸閉 ):活性

④「いもむし」を使って実験する。

・ハエトリグサ:食虫行動をとる
・フローレム・ダイアボレカ ( 開花 ):防御行動をとる
・フローレム・ダイアボレカ ( 丸閉 ):毒ガス噴霧

⑤   3つの植物を並び替えて 自然に毒ガスが噴霧される状況をつくりだす。

・左 :ハエトリグサ
・中央:フローレム・ダイアボレカ ( 開花 )
・右 :フローレム・ダイアボレカ ( 丸閉 )

この順番に植物を並べる。

⑥  フローレム・ダイアボレカ ( 丸閉 ) に アルカロイド溶液を注ぐ。

⑦  フローレム・ダイアボレカ ( 開花 ) に いもむしを置く。

⑧  毒ガス噴霧 成功!

 

 

推理

・紛失した致命的植物 + 完全な正確さ = ① or ②

① 教派の企み
② 教派は事件には関与していない

 

・アルバートの大望 + 完全な正確さ = ① or ②

① アルバートは専門的知識に欠けている
② アルバートの研究

 

・ホワイトの学業 + 完全な正確さ = ① or ②

① ホワイトは専門的知識に欠けている
② ホワイトの知識

 

 

キュー植物園の一件:犯人フラグ成立 【2回目】

推理【2回目】:アルバートがダンを殺害した。

 

英国海軍への入隊を希望するアルバート・ダンにとって 父親であるモンタギュー・ダンが行った英国海軍入隊不採用の働きかけは許せないことだった というシナリオ。

 

父親に恨みを抱く息子の犯行としたいところですが、アルバート1人では どんなに頑張っても植物を扱った完璧な毒殺は難しいかと。

 

キュー植物園の一件:犯人フラグ成立 【3回目】

推理【3回目】:ホワイト嬢がダンを殺害した。

 

学業のためにモンタギュー・ダンとの関係を続けていたホワイト嬢だったが、モンタギュー・ダンより資金援助を打ち切られてしまった。学業を続けるため モンタギュー・ダンを毒殺し、アルバートとお付き合いすることで学業に必要なお金を手に入れようとした というシナリオ。

 

一見 正しい推理にも見えますが、ホワイト嬢 1人で 実行できる仕掛けだったのか 気になるところ。

 

 

白黒素材【シルエットAC】